アーユルヴェーダは、皆さまの心と身体のよりどころ

 

アーユルヴェーダは、インドで生まれた5000年以上の歴史を持つ世界最古の伝承医学であると考えられています。 サンスクリット語で『生命の知恵』や『生命の科学』と訳され、その教えは医学のみにとどまらず、 哲学、心理学、錬金術、占星術、天文学にまでに及びます。古代の知恵でありながら、情報社会・ストレス社会といわれる現代を生きる私たちにも通じる、皆さまの心と身体のよりどころ。私はそうのように感じております。

 

アーユルヴェーダでは、宇宙に存在する全てのものは、5元素からなるとし、 『空』『風』『火』『水』『地』 それらの組み合わせから3種類の生命エネルギー『ドーシャ』を形成するとしています。『空』と『風』=【ヴァータ】 『火』と『水』=【ピッタ】 『水』と『地』=【カパ】 3つのドーシャはひとりひとりに存在している大きさがそれぞれ異なりますが、 3つのドーシャは身体に同時に存在しています。 アーユルヴェーダではこれらの組み合わせから、10タイプの体質・性格に分けられています。

 

ドーシャバランスが保たれている人の心はポジティブで、身体もエネルギッシュな健康状態にありますが、 ドーシャバランスが崩れている人の心はネガティブ、身体は疲れ切った状態で心身ともに不調を感じ病気になりやすい状態に陥ります。アーユルヴェーダではドーシャバランスが崩れる前の段階で体内に蓄積していく毒素を排出すること、 そして正しい精神を保つためには正しい食事も重要だと考えられています。 身体と心のバランスを整えることがなにより大切ということですね。

 

近年、アーユルヴェーダが注目を浴びているのは、単に病気の治療や病気の予防だけでなく、 一人ひとりに合ったライフスタイルを導いてくれる大変価値のあるものだということが認めれてきたからだそうです。アーユルヴェーダは、ひとりひとりが笑顔で心豊かに生きるためにあらゆる面で気づきを与えてくれています。一度オイルトリートメントをご体験いただき、植物が持つ力の凄さ、そしてアーユルヴェーダの素晴らしさをご体感くださいませ。